お問い合わせはこちら

お問い合わせ

SDGsとは

あなたは今、地球何個分の生活をしていますか?
世界中の人があなたと同じ生活をしたら地球は何個必要になるのでしょうか?
私たちが暮らすこの地球は1つしかありません。
1つしかないこの地球でこれからも私たちが暮らしていくにはライフスタイルを見直す必要があります。

マツバヤシSDGs宣言

マツバヤシは「高い技術を提供することで豊かな社会づくりに貢献する」という企業理念のもと、従業員一丸となって、高い品質の製品を安定供給できる「モノづくり」を目指し、全社員の「生きがい」を探求してきました。
私たちはこの基本方針に則り、様々なステークホルダーと対話・協創し、「技術」という形で「持続可能な世界の構築を目指すSDGs」の目標に対し、貢献していきます。2020年8月1日代表取締役社長 松林 克蔵

技術革新で豊かな暮らしと環境保護の両立を

鋳造技術は数千年と受け継がれている伝統ある技術の一つです。銅合金鋳造品は多くのバルブやポンプに使用されており、身近な所では水道の蛇口などもその一つです。鋳造技術は最高の3R活動でもあります。スクラップや切削粉のリサイクルに加え、砂型に使用する砂も90%を超える再生率で使用しています。また、金属の溶解には再生可能エネルギーを使用しています。この技術を受け継ぐだけでなく、新たな技術を取り入れ革新をしていく。豊かな暮らしと環境保護について真剣に考え、人と地球が共存できる会社を創造します。

技術革新で安心安全な水が健康的な社会を

生活に欠かせない「水」。この水を安心安全な形で使用できる社会にしたい。銅合金鋳物中に含まれる鉛は人体にとって決して有益なものではありません。しかしながら、今でも生産性の良さもあり使用され続けています。私たちは鉛フリー銅合金の開発にも参画し、希少金属を使用せず、地球にも人にも優しい環境適応型材料であるビワライト(JIS規格:CAC411)の開発に成功しました。この材料は銅合金の中でも革新的な特有の技術を持ち、欧米諸国においても非常に高い評価を得ています。

技術を学び活かせる社会を

社会の課題を的確に捉え解決するためには「学び」が必要です。私たちは学会などに積極的に参加することで、新しい技術を学び、実践・改善を繰り返す事でさらに技術を磨き、活かせる社会を目指しています。

次世代を担う人材育成を

これまでの技術を今後の社会にも継続して継承していけるように弊社ではあらゆる取り組みをしています。
近隣学校からのインターンシップの受け入れ・海外人材の採用・女性でも働くことのできる職場づくりなどグローバルワイド・ジェンダーフリーを目指して社会に貢献します。